英会話 One

創造する英会話!のOneのこと。

英会話 One

◯虫会話。花会話。英会話。

仙台は肌寒くて、

セーターを着ている人を

ちらほら見ます。

私も、洗ったものを引っ張り出してきましたよ。

 


仕事仲間であるゴッコラさんの記事です。

とっても面白かったので、引用します。

 

ameblo.jp

虫会話。

花会話。

英会話。

ほんとにそうだなぁと思います。

 

これは、秘訣ですが、

伝わらないと思ってしゃべるとほぼ伝わりません。

理解したいと思って聞くと通常の150%理解できます。

伝わると思ってしゃべると

意外に伝わります。

 

言葉より、大事なのは、心なのです。


伝えたい気持ち。

相手が、虫でも。

花でも。

大事にしたい気持ちを

言葉に載せることができた時、

言葉はとっても便利なツールとして機能します。

 

覚えていてください。

#One #英会話#虫会話#花会話

 

 

〇芦田珈琲

〇芦田珈琲

 

先週は、お休みをいただきました。ありがとうございます。

お休みのお知らせが遅れまして、すみませんでした。

お休みの過ごし方は、noteのメルマガにてお知らせしますね。

 

さて、そんなお休みの一日、

6fesが行われるTHE 6に行ってきました。

 

お目当ては、芦田珈琲さん

私は、ここ4年以上、ずっと芦田さんの珈琲を

TAROやおやさん経由で飲み続けています。

味がとてもまろやかで、豊かなのです。

鋭い刺激が薄い代わりに、

とっても、緩やかに元気になるように焙煎されています。

それが、とても心地がいいのです。

 

ほかのお店で買っていれると、

香高く、一瞬、おお!元気!という感じになるのですが、あとは忘れます。

芦田さんの珈琲は、

ああ、珈琲だ、嬉しい、おいしかったなぁ。

3時間後、そういえば、元気だな、なんでかな。

6時間後、あれ、元気だな、あ、そういえば、珈琲のんだっけ!

となります。

 

ほかにも、「芦田さんの珈琲だと

おなかがキュルキュルにならない」という声も聴きます。

 

そんな芦田さんに初めてお会いしてみることが

できる機会が、今回でした。

実際お会いしてみると、

とっても繊細な素敵な方でした。

ああ、量産してたくさん売るなどは本当に興味がなくて、

ただただ、おいしい珈琲を安全に作って、

珈琲豆を作っている人も安全に暮らせて、

いいものを毎日の中に宿らせたいだけの純粋な人なんだなと思いました。

そんな人にちゃんと会えて、

お話しできるなんてすごいことです。

そして、ちゃんとその人の想いを受け取って

珈琲を飲んでいるんだなぁと思いました。

そういう飲み物はとても健康な飲み物だと思います。

 

芦田さんのブログはこちら。

naturan555.blog34.fc2.com

連絡もこちらからどうぞ。

 

英会話Oneでは、仙台で焙煎しているこの珈琲を

私が心を込めて淹れて、ご希望の人に英会話の時にお出ししています。

もし、飲みたかったら、ぜひ、体験レッスンをどうぞ。

 

珈琲については、こんな記事も昔書きました。

では、今週もよろしくどうぞ!

f:id:cafeeigoone:20180614163947j:plain

○オープンデスク

オープンデスク

 

仙台はとてもきれいな青空が広がっていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 

さて、Oneでは毎月第一金曜日に、オープンデスクをしてます。

英語のこと、英会話のことについて、

無料で相談に乗っています。

どうやって勉強したらいいの?

この単語はどういう意味?

どこで勉強したらいいですか?

などにお答えします。

 

さらに、ワーホリや海外旅行についても、

相談に乗っています。

手配はしませんが、

どういうことを考えればいいか、

何を調べればいいか、

一緒に考えます。

 

また、私は美術もやっていて、

藝術学の学士号も持っています。

展覧会をしたこともあるので、

仙台で、美術についての質問がある人の

相談にも乗ります。

展覧会の作り方は文字にまとめてあります。

note.mu

こちらもご参考にしてください。

 

仙台から世界に。

仙台の地がもっと楽しいものになるように

Oneは願っているし、お手伝いします。


THE 6

仙台市青葉区春日町9-15 3階までお越しください。

時間は15時から19時です。

#One #英会話 #仙台

 

f:id:cafeeigoone:20180602164124j:plain

〇ノルウェーにワーホリに行こう! 4.大使館に連絡する

〇4.メールを書く

 

皆さん、初夏に向けて、クローゼットの準備はいいですか?

 

Risaさんは、今、ノルウェー大使館に宛ててメールを書いています。

参照しているのは、二つの文献。

ノルウェー日本ワーキングホリディ協定書(英語)

http://www.no.emb-japan.go.jp/files/000183488.pdf

・ビザの種類について(日本語)

https://www.norway.no/ja/japan/services-info/1/residence/#%E5%B0%B1%E5%8A%B4%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%BB%9E%E5%9C%A8%E8%A8%B1%E5%8F%AF%EF%BC%88%E5%B0%B1%E5%8A%B4%E8%A8%B1%E5%8F%AF%EF%BC%89

 

 

私は、17歳の時に高校交換留学団体を通じて、
ノルウェーに留学しました。同期はおよそ200人。
アメリカを主に、世界各国60国くらいに派遣されました。

ノルウェーにわたる前に、研修がありました。
東京で2泊3日滞在して、滞在中の心の変化について学んだり、
ワークをしたりしました。
その一日の午後、その年の5人のノルウェー派遣者のために、
なんとノルウェー大使が直接来て、
お話ししてくれるとのことで、お会いしました。

 

それはそれは衝撃的な体験でした。
しかし、その後、
この待遇はノルウェーでは当たり前のことなんだということを学びます。
1億2千万分の1である私と、500万分の1である私は、
こんな風に扱われ方が違います。

 

一人のお客様としての私を大事に扱うことで、
ノルウェーにとっては良いことがいっぱいありますよ。
ということを教えていただきました。
大使は、様々な不安に答えたり、社会保障の質問を受けていました。
そういう情報も大事ですが、一番学んだのは、
大使が警備もつけず、簡単なスーツ姿で、
ちょっと陰気そうだけど、気軽にやってきて、
丁寧に5人の高校生に話をしてくれるという態度でした。
ノルウェーは安心だと思いました。

そのことは、長く長く私の中に根付き、
このように今の私の態度につながっています。

 

在日ノルウェー大使館には、
日本語でのメールが通じます。
たくさんの同じような質問には答えられないから、
きちんとこちらが誰で、どんな目的で、
質問しているのかが伝わるように、
事前に調べられることは全部調べたことがわかるように、メールします。

二つの参照文献の中で、理解できなかったことを聞きます。

 

そう、もう、ワーキングホリディの体験は始まっているのです。

次号に続く。

f:id:cafeeigoone:20180526142936j:plain

 

〇ちょっと中休み

今週も英会話しています。

今日のお題は、あなたの家の好きな場所は?

 

キッチンとお答えいただいたり、

居間とお答えいただいたり。

 

理由はなんですか?

理想はどんなですか?

と、お話は広がります。

 

来週はノルウェーにワーホリに行こう!更新します。
Risaさん、黙々と英語もワーホリも頑張っています。

いらっしゃれない間も、
たくさん、英語に接しておられます。

それがとてもいい経験となっています。

 

ワンポイント英語上達:
同じドラマを2回以上見てください。
次に何を言うか、わかっていて聞く英語はより聞こえてきます。
そうやって語彙を増やしてください。
また、辞書を引いた言葉は聞こえるようになりますよ。

f:id:cafeeigoone:20180519163216j:plain

○メルマガ無料1か月読者募集中

○メルマガ無料1か月読者募集中

 

やっと五月晴れが見える仙台になりました。

GWはどうしておられましたか?

私はゆっくり休んでいました。

 

さて、メルマガを書き始めて早半年たちます。

Oneには私の考え方が好きな人たちが集まります。

考え方が一番よくあらわれているのが、メルマガです。

サンプルはこちら。

https://note.mu/pocoamoco/n/n947312729135

 

2週間に1回くらい配信されます。

250円/月です。

今だと1カ月間無料で体験できます。

to.moko@icloud.comまでメールをください。

 

私は書くことが大好きです。

それよりも、考えることが何より大好きです。

ですので、書いて伝わる人がいれば、

とっても嬉しいです。

そして、皆さんの日常の日々がより豊かになったら、

とても嬉しいです。

 

ぜひ、ご体験ください。

f:id:cafeeigoone:20180511165524j:plain

〇対談「自分経済を作る」 終了しました。

〇対談:自分経済を作る 終了しました。

 

2018年4月14日に11人の方にお集まりいただいて、

対談「自分経済を作る」が無事終了しました。

高橋香代子さん、いらしていただいた皆さまありがとうございました。

 

仕事って?

もし、お金持ちだったとしても、少しは仕事したくないですか?

もし、したいならどうして?

そこにそもそもの「仕事」の役割が眠っているのでは?

 

お金は何?

自分を循環させていくための手段。

エネルギーだったり、感情だったりします。

手渡したり、受け取ったり循環しています。

 

自分経済って?

自分で自分を雇うこと。

自分で自分の仕事を作り、自分を循環させること。

自分で生きていきたい人たちを選ぶ手段でもあります。

 

ほかにも、偶然を引き寄せるとか、

信頼を積むとか、

どうやって誰に相談するのとか、

そんな話をたくさんしました。

ちょっと面白い商いの話も聞けました。

 

そして、会場では

たくさんの出会いが生まれました。

一緒に走りに行く人たち、

自転車に乗る人たち、

カフェに行く人たち、

起業の相談に乗る人たち、

そんな約束と出会いが生まれました。

 

ひとりひとりが

それぞれに輝いた瞬間でした。

これからも、こういう時間を静かに作っていきたいと思います。

ご来訪ありがとうございました。

f:id:cafeeigoone:20180420182507j:plain

f:id:cafeeigoone:20180420182517j:plain

f:id:cafeeigoone:20180420182636j:plain