カフェ英会話 One

仙台市のカフェで行われる英会話教室の英語についての話し

英会話カフェ One

体験レッスン

随時体験レッスンを行なっております。

1000円飲み物付き!

 

時間と場所をお問い合わせください。

to.moko@icloud.com
ただともこ

経歴とか

名前:ただともこ

東京芸術大学 美術学部 芸術学科卒

美術教員免許(中・高)取得

 

働いたところ

仙台市内中学校

・子ども英会話教室

東北大学 非常勤 (英文事務)

 

趣味

歩くこと、編み物

 

ちっさくてかわいいものと、英語、そして心のきれいなものが好きです。

f:id:cafeeigoone:20170503174531j:image

3.わからないをつかむ。

英語を聞いているとき、もしくは、わからない言語を聞いているとき、さっぱりわからないけど、なんだか言ってることはわかったという体験をしたことはないですか?

 

アメリカに初めて行ったとき、ホテルでテレビを見ていました。その日はスティーブンキング原作、スピルバーグ監督の名作「Stand by me」が放映されていました。

 

言葉なんかさっぱりわかりません。無味乾燥なニュースも、お天気マークがわかるくらいで、疲れる言葉が流れているくらいの感覚しかなかったのです。

 

でも、私たちは見入りました。言葉は一つもわからないけど、なんかはらはらどきどきするし、面白いのです。そう、「面白い」のです。それで、中途半端に見始めたこの映画を家族4人で見入って最後まで見てしまいました。列車がどんどん迫ってくるシーンでは、うわー、速く逃げて!と思っていました。友情が深まるシーンにはほろっと泣いていました。そして、終わったときの感想は、「なんか言葉はわからなかったけど楽しかったね」でした。

 

それが、Oneが提供したい体験です。楽しければ集中します。楽しければ、わかりたいです。楽しければ、覚えます。それが、言葉です。覚えることがあるんじゃなくて、わかりたいことがあるから、学ぶのです。学んだら、使えるし、わかるし、楽しいのです。そういう体験をして欲しいと思います。

 

スピルバーグ監督ほど、はらはらどきどきは作れませんが、それでも、毎回工夫を凝らしてトピックを選びます。たのしく、テンポ良く、進めます。上質の体験をして欲しいから。ぜひお越しください。

f:id:cafeeigoone:20170503132720j:plain

ChuckyG's Rewatchable Movies - 1986より

Q and A

Q1.どうして5回なの?

 

A1. 5回でまとまった一つの体験になるからです。

いろいろ理由はありますが、一番大きなものは上記です。

他にも、社会人が時間を作るのは大変です。でも、5回なら作れる。

後は、15,000円は大きなお金だけど、1回なら払える。

などの理由があります。

5回集中してやってもらって、少しお休みして、また、5回というのもありです。

 

Q2.日本人講師で大丈夫?

 

A2. 全て大丈夫とは言いません。

私が日本人だから良いことは、英語を習得したプロセスをお教えすることができます。

また、皆さんがどんな風に言語を体験するかも想像ができます。

だから、想像して教えられることがたくさんあります。

また、日本人だからこそ、わかることもあります。

例えばどうわからないか、はっきり聞き取ることもできます。

これからどうしたいのか、おやすみはいつかとか、

大事なことを日本語で調整することもできます。

 

私の教えられる範囲を超えて、

ますます、羽ばたいていこうとする人には、

これからどうしたらいいか、一緒に考える相談にも乗ります。

ネイティブをどうやって探すかとか、

どうやって、発音をきれいにしていくか。

どうやって、書き方を覚えるか。など。

たくさんのリソースを持っているところが、Oneの強みです。

 

Q.レベルは?

 

これは、2年きっちり、何度もやってきたことなのではっきりわかります。

どんなスタートでも大丈夫です。

とても話せる人も、片言で初めても、

がんばった人、楽しんだ人は確実に伸びます。

 

Q.どうして3人なの?

昔、大学の研究室で、同じように英会話を教えていました。

そのとき、ひとりから10人くらいまで試してみたのですが、

3人が一番たくさんの意見が出て、

顔がお互い見え、声が聞こえて、

一番伸びることがわかった人数だったからです。

 

Q.一番の目的は?

言葉は楽しいって体験していただくことです。

そのために、私はとてもコンディションを整えて

お伺いします。

2.質と量 英語を話せるために!

 

どうやったら英語をしゃべれるようになれますか?と良く聞かれます。

答えは、思い出すだけなので、質と量を増やせばいいのです。

○量。
わからなくても良いからたくさん聴く。

忙しくても、リラックスしていても、
どんな状態でも良いので、たくさん聴く。
例えば、ラジオ。音楽番組でも良いし、
ニュースでも良いです。
なるべく好きなもの、気に入ったものを
シャワーのように聴く。
わからなくても大丈夫。
量を増やします。
これは、徐々に徐々に効果が出てくるもの。

最初は眠くなるかも知れないし、疲れるので、
量は一日5分くらいずつ増やしていきます。

わかる単語が聞こえてくるようになったらしめたものです。

○質。
これは、わかることを目指したもの。

例えば、同じテレビドラマを何回も見ます。
私はAlly Mcbeal(アリーマイラブ)でした。

最初に英語で聞いて、次に日本語できいて、
また英語で聞くと言うことをやっていました。

今なら、英語で聞いて、
英語の字幕、日本語の字幕、日本語の吹き替えと
たくさん選択肢があります。

その中で、雰囲気がわかるものを
理解できるところがあるようになるまで、聴きます。
ラジオよりテレビ、映画がいいのは、
表情や手振りがみえるからです。
3割わかるを5割わかるまで辛抱して何回も聴くと
その次にきこえてくる量が変わります。
5割の人は6割。6割の人は7割。
9割まで行った人はもうちょっと難しいものに
挑戦した方が早いです。

お気に入りのドラマは、映画は何ですか?

質のもうひとつは使うこと。
海外旅行に行く、外国の人としゃべる、
そして英会話に参加するなど身体ごとの参加です。
実際に脳を使ってしゃべるのは、とても大事な体験です。
ある程度身につくまではコンスタントにやっておくと
上の二つとの相乗効果で短い時間でも身につくようになります。

上記いずれも、ポイントは質の良い言葉を聞くこと。
少し間違っていてもいいやではなく、
本物を聞くことです。間違いは身についちゃうんです。

以上の中から、みなさん、
自分の生活の中に滑り込ませられるものを良く考えて、
やってみてください。
良く考えないでやってみようでも大丈夫ですが、
最初は疲れるからゆっくり始めてください。
5分→8分→5分→10分→15分 
みたいにコンディションに合わせて
ゆっくり時間や回数を伸ばすことが大事です。
迷ったら前の日と同じ分量で。

自分に優しく、でも継続的に。
新しい世界が広がりますよ。是非始めてみてください!

1. 伝わるはたのしい。伝えるは嬉しい。

初めて行った外国は13歳の時、アメリカでした。家が決まらず、ずっとホテル住まいでした。友達も、遊ぶ環境もなくて、とっても退屈でした。

ある日、家族を迎えてくれた人たちと一緒にアイスクリーム屋さんに入りました。初夏、半袖半ズボンでアイスクリームを待つ人々はちょっと楽しそうでした。

目の前で、16歳くらいの女の子とその弟であろう4歳くらいの男の子がアイスクリームのケースを前に話していました。アメリカで初めて見る自分の年と同じくらいの人たちでした。

「僕、この味がいい!」
「わかった!ちょっと待ってて。」

そういう会話が目の前でなされていることに、いつの間にか気がつきました。そうか!このくらい違うんだ。でも、わかるんだ。これが違う言葉なんだ。でも人間の根本要素はほとんど一緒だから、話せるんだ。わかるんだ。と思った瞬間でした。この体験は衝撃的でした。

みんな、普段、英語をすごくたくさん聞いています。中学校でも高校でもたくさん習っています。文法とか、点数とかは後からついてきます。そもそも、だれでも話せるんです。みんな、忘れているだけ。それを思い出して欲しいというのが、私が英会話を始めることになったきっかけです。

元の職場で、週一回これと同じ形式で話をしていました。全然話せなかった人が三ヶ月、半年と、無理をしないで続けたら、伝えたいことはちょっとがんばれば伝えられるということに気がつくようになりました。そのひとのおしゃべりは、最初は一言だったのが、半年後には、10分になっていました。伝わるって楽しい。伝えるって嬉しいと思ってもらった瞬間でした。そこまできたら、もう大丈夫です。

最初は、ちょっと伝えたいと思った時、それが怖くないように思えることが目標です。ディスカッションがメインではないのです。テーマはみんなに共通のトピック。話したいことがあったら、それでも構いません。そんな風に楽しんでもらえる体験をお届けしたいと思っています。

カフェ英会話 One

使ってみよう!

ディスカッションコース 全5回

<英語は楽しい!>

考える・使う・身につける

 

 

 

皆さん、中学校、高校とたくさん英語を習ってきました。でも、使ったことはありますか?言葉は、本来使うためにあります。点数をつけてもらうためにあるんじゃないです。英語を使ったら、英語で考える方法が身につきます。言葉は使えば、使うほど、自分が磨かれていくし、世界が広がります。

 

まず、楽しい体験をしてください。それがOneが提供する英語の体験です。

 

グループディスカッションを中心に英会話を学びます。3人のグループを作り、全5回のレッスンを仙台市内のカフェで行います。

 

1回45分です。その日のトピックが二つか三つ用意されています。その中から、みなさんで一つ選んで、お話しします。

 

5回続けることで一つの体験が生まれます。長くやりたい方は、長期スパンでご一緒しましょう。一緒に、何気ない具体的な目標を考えます。

 

出会い、意見を聞き考え、英語を使います。最初は自分の意見が言えなくても大丈夫。英語で表そうと考えることがまずは体験です。原則5回全部出席できることが条件です。

 

料金:15,000円(飲み物付)

月・火曜日15:00~ 16:00~ 17:45~

日曜日 15:00~ 16:00~  17:00~

入会料(事務手数料)1080円

カフェ(八幡、大町、立町)

連絡先:to.moko[at]icloud.com(田多)