カフェ英会話 One

仙台市のカフェで行われる英会話教室の英語についての話し

英会話カフェ One

1. 伝わるはたのしい。伝えるは嬉しい。

初めて行った外国は13歳の時、アメリカでした。家が決まらず、ずっとホテル住まいでした。友達も、遊ぶ環境もなくて、とっても退屈でした。

ある日、家族を迎えてくれた人たちと一緒にアイスクリーム屋さんに入りました。初夏、半袖半ズボンでアイスクリームを待つ人々はちょっと楽しそうでした。

目の前で、16歳くらいの女の子とその弟であろう4歳くらいの男の子がアイスクリームのケースを前に話していました。アメリカで初めて見る自分の年と同じくらいの人たちでした。

「僕、この味がいい!」
「わかった!ちょっと待ってて。」

そういう会話が目の前でなされていることに、いつの間にか気がつきました。そうか!このくらい違うんだ。でも、わかるんだ。これが違う言葉なんだ。でも人間の根本要素はほとんど一緒だから、話せるんだ。わかるんだ。と思った瞬間でした。この体験は衝撃的でした。

みんな、普段、英語をすごくたくさん聞いています。中学校でも高校でもたくさん習っています。文法とか、点数とかは後からついてきます。そもそも、だれでも話せるんです。みんな、忘れているだけ。それを思い出して欲しいというのが、私が英会話を始めることになったきっかけです。

元の職場で、週一回これと同じ形式で話をしていました。全然話せなかった人が三ヶ月、半年と、無理をしないで続けたら、伝えたいことはちょっとがんばれば伝えられるということに気がつくようになりました。そのひとのおしゃべりは、最初は一言だったのが、半年後には、10分になっていました。伝わるって楽しい。伝えるって嬉しいと思ってもらった瞬間でした。そこまできたら、もう大丈夫です。

最初は、ちょっと伝えたいと思った時、それが怖くないように思えることが目標です。ディスカッションがメインではないのです。テーマはみんなに共通のトピック。話したいことがあったら、それでも構いません。そんな風に楽しんでもらえる体験をお届けしたいと思っています。